パノラマからCTへ!CT活用法

9月30日 午後から札幌で行われたセミナー「パノラマからCTへ!CT活用法」を受講してきました。講師は北日本口腔インプラント研究会のメンバーでもあるインプラント学会専門医の東京 開業の南 誠二先生です。

当院でもCTを導入して間もないですが、今まで通常のレントゲンでは見えなかった詳細な情報が得ることができ診査・診断に活用してきました。今回、CTを導入されている南先生からCTについてたくさん勉強させていただきました。CTの強みとして歯を様々な方向から観察でき今までのレントゲンでは診断が難しい部分にも画像として観ることができます。また、医科用CTに比べ歯科用CTは被爆線量もかなり小さく(1/20以下)安全に使用できることも大きな利点となります。保険に一部導入されていることも費用的にも患者さんに有利かと思います。ただしCTはあくまでも検査機器であり治療はしてくれません!(当たり前ですが!!)今までどおり治療は歯科医師が行わなければなりません。その点をわきまえて活用する必要があると考えます。

西川義昌先生 セミナー

9月22日 札幌で行われた西川義昌先生 セミナーを受講してきました。今回は出版記念講演でした。西川先生といえば支台歯形成のプロフェッショナルで日本を代表する補綴専門医かと思います。今回も支台歯形成についてかなりマニアックかも知れませんが勉強してきました。絵を書いたり ものを造形したり芸術的なセンスの盛り合わせている方を私は尊敬します。学生中からけして図画・工作が得意なわけでもありません。こまかな作業が好きなわけでもありませんが歯科医師の道を進んでいくとやはりマニアックなことにこだわりを持つようになります。支台歯形成もただ綺麗な訳だはなく機能的に生態学的に必要な形態でありロジカルに考えそのことが長期の安定した補綴物になると思います。誰もが西川先生のようになりたいですがそんな近道はありません。日歩の練習や頭の中の整理・整頓が必要でしょう。また、頭で考えることが手に連動しなくては綺麗な形成はできません。美しい支台歯形成は綺麗な絵をみて憧れるのと同じ感覚かもしれませんね。精進致します。

皆川インプラントアカデミー ベーシックコース3回目

9月2日 東京 羽村市で行われた皆川インプラントアカデミー ベーシックコース3回目を受講してきました。今回はエールガイドを使用した埋入実習と補綴印象を勉強してきました。毎回このコースはベーシックコースと言いながらもかなり深い内容が盛り沢山です。その内容を皆川先生が大変丁寧に教えていただけるので理解がしやすいです。私のようなインプラント専門医でも十分勉強になる内容です。全4回ですので後1回ですが全力受講して吸収したいと思います。

皆川インプラントアカデミー ベーシックコース2回目

5日は東京 羽村で行われた皆川インプラントアカデミー ベーシックコース2回目を受講してきました。(東京は36度の猛暑でした 汗)今回は診療で重要な『診断』にと『インプラントと二次手術』ついてです。

皆川先生の講義は大変わかりやすく整理整頓された講義ですので自分の診療に取り入れやすく、よくあるケース・バイ・ケースでの対応ではなく、きちんと分類しその適切な対応を教えていただけることかと思います。今まで曖昧な内容が整理することができます。今回の受講生は私のようなおっさん(笑)はいなく皆さん若い先生が多いですが負けずにきちんとベーシックを学びたいと思います。今年に皆川先生の著書がクインテッセンス出版から上下巻が出るそうです。今から楽しみですね~。