診断学・エンド 2日間集中セミナー

5日6日と2日間 札幌で宮下裕志先生の《診断学・エンド 2日間集中セミナー》を受講してきました。宮下先生はEPSDCを主催されておりイエテボリ大学の歯周病・歯内療法の専門医の先生です。宮下先生のセミナーや著書は読んだことがありましたが今回札幌で2日間コースが開催されたので楽しみに受講してきました。

内容はスバリ診断学です。2日間の殆どがこの診断学の時間に費やされました。エンドの勉強を期待した先生には少し残念だったかのしれませんね。私にとってはその診断学が大変興味があり、普段の診療ではその診断が適切のできることにより治療方針がきまり患者さんにも説明が出来ます。ですがすべての症例で適切な診断は難しいのですが幾つかの疑いを持ちながら治療をすることは良くあることです。歯原生なのか?非歯原生なのか?原因は歯周か?エンドか?原因の歯は?といろいろです。特に保険診療はスピードが求められますので診断は大切な内容になります。経験は確かに大きなファクターとなると思いますが知識と視野の広さが診断に役立つことはよくあります。1本でも大切な歯ですので適切な診断→治療が患者さんの幸せにつながると思います。

北日本口腔インプラント研究会 公開講座

7月23日 (日)札幌で北日本口腔インプラント研究会主催の公開講座が開催されました。講師は 東京都開業の殿塚量平先生です。演題は『歯周外科処置における歯肉ラインをコントロールする方法』です。前半は歯周基本治療の大切さ、後半はインプラント治療を含む歯周管理について教えていただきました。素晴らしい症例が多く驚愕する内容でしたがその過程には幾つもの先生の努力と経験が裏付けられた内容でした。1日のセミナーでは足りない内容でしたのでまた殿塚先生の講義を受講したいと感じた充実した内容でした。

難症例時代に求められる総義歯の印象と咬合

9日札幌で行われた「難症例時代に求められる総義歯の印象と咬合」と題したセミナーを受講してきました。講師は東京医科歯科大学 教授 古屋純一先生です。東京医科歯科大学の鈴木哲也先生とともに総義歯を研究・臨床を行っている先生です。

今回、総義歯の外形についてと咬合についてのセミナーでした。古屋先生はフルバランス様リンガライズトオクルージョンを推奨していました。

先生もお話されていましたが義歯の成功の鍵は咬合あり、印象2割 咬合8割的なことですが、私も同意です。義歯吸着があっても咬合のズレが致命傷になることが多くあります。その咬合を適切にするのが咬合調整やリマウント法になると思います。私の感覚では口腔内調整法には限界があるような感じもします。口腔内だと適切な咬合の合否が判定しにくいことがあります。確かに、口腔内の方が手軽であると思いますが・・・。どうなんでしょうね?!

奥羽大学歯学部同窓会卒後研修セミナーを受講

7月2日 東京 渋谷で開催せれた奥羽大学歯学部同窓会卒後研修セミナーを受講してきました。(ちなみに私は奥羽大学出身ではなく日本歯科大学出身です(笑))

講師はロサンゼルス開業の歯内療法専門 清水藤太先生と東京で口腔顔面痛・口腔内科専門医として開業されている安藤彰啓先生です。今回、卒後セミナー最大参加人数の160名以上の先生が参加されてとのことです。さすが人気の先生です。両先生のセミナーは過去に数回聴いておりましたが再度の受講です。

復習の内容もありましたが新たに勉強させて頂く内容も多くあり、特に急性症状時の歯内療法の対応は偶然にも週明けの月曜日の同内容の症状を訴えている患者さんがおり清水先生の方法で行うと次に日には症状が鎮静しており患者さんに感謝されました。受講しておいて良かったです!

安藤先生に話の中に、患者さんが痛みがあると言えば、検査の結果原因が特定できなくても気のせいではなく痛みを感じているとのこと。その苦痛を専門医に託すことも患者さんのためにプラスになることも教えてくれくださいました。

お二人の話を聞くにはあまりにも時間がありません。今度は2日間コースでお願いします(笑)